このページの先頭

宮崎ハマユウポーク

宮崎ブランドポーク普及促進協議会の概要

名称 宮崎ブランドポーク普及促進協議会
目的 宮崎県の養豚を振興し、そこから生産された豚肉の消費を促進することにより、その豚肉の価値を高め、宮崎県産豚肉のブランドを確立し、もって養豚経営の安定に資することを目的とする。
設立年月 平成2年3月:宮崎ハマユウポーク普及促進協議会設立
平成24年7月10日:宮崎ブランドポーク普及促進協議会へ協議会名称変更
会員 28団体(県、JA宮崎経済連、県農協中央会、畜産協会、獣医師会、物産貿易振興センター、県地域婦人連絡協議会、ミヤチク 等)
会長:
宮崎経済連会長
副会長:
県農政水産部長、宮崎経済連副会長
監事:
畜産協会専務、物産貿易振興センター事務局長

推進体制

指定店数

  県内 県外
食肉販売店 61 28 89
ホテル・レストラン 7 0 7
68 28 96

(平成25年3月現在)